下水道のしくみ
下水道のやくわり
下水道のしくみ
下水道の使い方

     
いえ(いえ)学校がっこう(がっこう)工場こうじょう(こうじょう)などから(で)(よ)れたみず(みず)は、道路どうろ(どうろ)した(した)などにある下水道管げすいどうかん(げすいどうかん)とお(とお)って、下水処理場げすいしょりじょう(げすいしょりじょう)浄化センターじょうかせんたー(じょうかせんたー))できれいにしてからかわ(かわ)うみ(うみ)なが(なが)しています。
よご(よご)れたみず(みず)をそのままなが(なが)すと、ゴミごみ(ごみ)がたまったり、いや(いや)なにおいが(で)たりします。
よご(よご)れたみず(みず)下水道げすいどう(げすいどう)なが(なが)すと、まち(まち)はきれいになり、快適かいてき(かいてき)生活せいかつ(せいかつ)ができます。
水洗すいせん(すいせん)トイレが使つか(つか)えるようになり、いやなにおいもなく、気持きも(きも)ちよいくらしができるようになります。
 
当WEBサイト掲載の文章や写真イラスト等の著作権は公益財団法人鳥取県天神川流域下水道公社に属します。
無断転載は禁止いたします。